ずっと続ける墓石屋さん-有限会社かの石材-
経営理念
かの石材は、「お墓を後世に、ちゃんと伝えることの出来るびんご地方ナンバーワンの墓石屋になる事」を目指しています。
オネスト(良心的)宣言
かの石材のルーツは祖父にあります。
祖父は、北木島(笠岡市北木島町)で育ち、工場は長男が、次女の婿である祖父は、石材の販売・施工を家業としていました。そして福山にお店を出したのが今から約35年前、当時は福山市胡町で「小谷工芸社」という屋号でスタートしました。
それから屋号は代わりましたが、親父が墓石屋をやり、そして私も墓石屋になりました。その祖父から最後に聞いた言葉が「商売人は、良心的にせなあかんよ。」でした。
お墓は何度も建てたる物でもないし、単純に安ければ良い言うものでもない。
価値基準が、選ぶポイントが、その家に合ったものなのか、地域に合ったものなのか、お客様には良い悪いがわかりにくいからこそ、祖父の言葉「良心的にせなあかん・・・」が、必要だと思っています。
オネストマーク かの石材は、お客様と良心的に向き合い、お客様の求めて
いる商品やサービスを提案することを誓います。
~お墓とは~
● お墓は、その人が生きた証です。
● お墓は、その人が自然界にかえる場所です。
● お墓は、あなたが御先祖様や亡き人とお話ができる場所です。
● お墓は、あなたのルーツを思い起こさせる場所です。
● お墓は、家族そろってお参りし家族の絆を確認できる場所です。
写真をクリックで拡大表示
お墓の施工例 お墓の施工例 お墓の施工例 お墓の施工例 お墓の施工例